EVENT REPORT >  【同窓会レポート】あの頃の楽しい思い出が蘇り、心の距離を縮めた同窓会!

【同窓会レポート】あの頃の楽しい思い出が蘇り、心の距離を縮めた同窓会!

「中学は毎日のように一緒に登下校して、部活でも一緒だったのに、、、。」

プランニングの際、幹事様はどこか寂しそうに”あの頃”のエピソードを教えてくれました。

 

 

それもそのはず、彼らは長くてもう5年も会っていないそう。

今回は、同じ年に生まれ、同じ日に成人式を迎えた彼らの同窓会のお話。

同窓会でしたいことは?みんなにあって話したいことは?

そんな会話をしながら、当日の内容やコンテンツを考えていく。

『距離を感じている。あの頃のように騒ぎたい!』

『みんながまた繋がるよなそんな機会になればいい。』

みんなを想う幹事様の気持ちに引き込まれるかのように、打ち合わせは順調に進み、当日を迎えました。

 

 

ランドセルを背負ってみんなと同じ6年間を過ごした小学生。部活動で必死になっていた中学3年間。

高校になると離れ離れになって、心の距離も離れていってしまった気がしていました。

 

 

「久しぶり!」「元気にしてた?」

嬉しそうな声で、あっという間に埋め尽くされていく会場。

そこには、思い出が蘇ったかのように楽しそうに、無邪気に時間を過ごす新成人たちがいました。

 

 

歓談がひと段落ついたところで、チームに分かれてジェスチャーゲーム!会場が温まってきたところで、昔教室でも繰り広げられていた椅子取りゲームがスタート。最後は景品をかけた、熱いじゃんけん大会。

会場内は誰が見ても活気と楽しさであふれていました。様々な気持ちを抱えながら準備してきた、幹事様の想いが伝わった瞬間に感じました。

 

 

「今日来てよかった!」

「またご飯食べに行こう!」

イベントも終盤になりそんな声が聞こえてきました。

 

5年間のブランクを気にされていた幹事様も、仲の良かった同級生から「感じていた距離を埋める、いい機会になった。」と言ってもらえたそう。

 

 

高校が離れてから心に距離を感じていた彼らでしたが、また”あの頃”のようにはしゃぎあって、盛り上がる姿を見せてくれました。私たちスタッフの心にも、何か温かいものを残してくれた気がします。

 

 

『誰かが誰かを想う気持ち』

それこそが『心で紡ぐ、エンターテイメント』であり、それが私たちの考えるパーティのあり方です。

 

『暮らしのそばに、心ふるえるパーティを。』

hacocoroなら参加したすべてのお客様が「今日来てよかった」と思っていただけるパーティを一緒に実現させます!