LINEで相談

メールで
問い合わせ

PARTY REPORT

【結婚式1.5次会/池袋】恩師や友人との繋がり感じる、アットホームなハワイアンパーティ!!

  • 担当プランナー:
    和田 彩子
  •  

    PLANNING

    プランニングの話

     

    今回のレポートは、大学のテニスサークルで出会ったお二人の1.5次会。

     

    すでにハワイにて親族での挙式を終えていたため、友人たちにお披露目するのは初めてのこと。

    挙式の時の雰囲気もゲストのみなさまに伝えたいという想いから、プランニングが始まっていきました。

     

    私たちから見たお二人の印象は、しっかり者なゆかさん(新婦さま)と、ちょっと天然なゆうきさん(新郎さま)

    打ち合わせの時からとても仲良しで、気持ちがいいくらいに息がぴったり。

     

    お二人の中でやりたいパーティのイメージがはっきりとあったので、プランニングもトントン拍子で進んでいきました。

    プランナー和田がパーティの装飾や、コンセプトを決めるときにやることの一つが、

    紙にやりたいイメージや二人の好きなものを書き出してもらうこと。

     

    紙の上に並んだ、お二人を表すキーワードたち。

    これを見ることで、お互いにふわっとしていたイメージがより具体的になり、パーティを創る上での道しるべになります。

     

    言葉の節々に、ゆかさんとゆうきさんのお人柄が感じられて、パーティのオリジナリティもぐぐっと増していく。

    形のないものを形にしていく繊細な作業だからこそ、あらゆる角度から共通のイメージを作りあげることを意識しています。

     

     

    「ハワイアンだけど、元気いっぱいというよりは、上品なリゾートのような雰囲気にしたい」

     

    新婦ゆかさんの恩師である大学時代の先生も、ゲストとしてお呼びするということも考慮し、

    そこから“落ち着いた大人のハワイアン”がパーティのテーマになりました。

    これらの会話やメモを基に提案書を作り、装飾や音響照明などの演出

    ゲスト様に楽しんでもらうためのゲームなどを決めていき、いざ当日へ!

     
     

    PARTY

    パーティの話

     

    <装飾>

    装飾はティファニーブルーとホワイトをメインにした、上品なハワイアンに。

     

     

    装飾の一つに、フォトスペースも用意しました。

    普段はなかなか見られない、2人の思い出の写真たちを見ると

    感慨深かったり、ほっこりしたり。

     

    そしてこのフォトスペース、見るだけではなく、参加型で楽しんでいただけるんです。

     

    受付を済ませたゲストの方からチェキをペタペタと付け足していただき、

    新郎新婦の入場前にみなさまの手で飾り付けが仕上がるシカケに。

     

     

    完成した様子は、記事の後方でご紹介します!

     

    <ご入場>

    ゲストのみなさまも揃い、ついに新郎新婦様のご入場です!

    アロハシャツにサングラスをかけた新郎様の姿に、会場も盛り上がります。

    ゲスト様のお顔を見たお2人は、今まで一番幸せそうな笑顔。

     

     

    <乾杯>

    入場後、お2人が大好きなパイナップルの前に組まれたシャンパンタワーで乾杯します。

     

     

    通常結婚式、なかなか一人一人とゆっくり話せる時間が取れないもの。

    少しでも交流できるチャンスが増えるように、注がれたシャンパンは新郎新婦さまからゲストさまへ手渡ししていきます。

     

     

    <景品ゲーム>

    乾杯を終えて会場の空気も温まってきたタイミングで、

    準備していたコンテンツの一つである、景品ゲームが開始します!

     

     

    ゲームの司会は新郎新婦さまが担当。ゲームの内容はこちら!

     

    1、あっちむいてホイ

    2、ジェスチャーゲーム

    3、腕相撲対決

     

    まずは個人戦の「あっちむいてホイ」から始まり、チームで協力する「ジェスチャーゲーム」。

    団結力が生まれてきたところで、チーム代表者による「腕相撲対決」で決着を!

     

     

    景品ゲームは、プランニングでも特に丁寧に考えるべきポイント。

    少人数であること、初対面の人同士たちがいること、ゲストさまの特徴などもお聞きしながら、新郎新婦さまと決めていきました。

     

    <ハワイを模した、レイの交換式>

    会も終盤にさしかかり、この1.5次会のメインとも言えるイベントにうつります。

    ハワイで挙式をされたお2人。

    「せっかくなら、ハワイの伝統である「レイの交換式」を1.5次会でも再現してみませんか?」と

    提案をさせていただきました。

     

    神父さまの役は、大学時代の恩師である先生にお願いしました。

     

     

    みなさまの前で誓いを交わす姿はとっても神聖…

    というよりは、とっても和やか

     

    レイは終わりのない輪という形から、終わりのない愛を象徴されるとも言われています。

    ハワイでは、感謝や愛の気持ちを込めて相手に贈られるレイ。

    お2人らしいあたたかな空気の中で、セレモニーは執り行われました。

     

     

    最後はみんなで手を繋ぎ、ゲスト様一人一人との終わりのない永遠の友情の輪を作って

    せーの、「ALOOOHAAAAA!!」

     

     

     

    ちなみにこちらは、ハワイの伝統には関係なく、完全なるオリジナルコンテンツでした。笑

    新郎新婦さまも、ゲストさまも楽しみながら笑顔でご参加いただき、会場の一体感を強く感じられた瞬間。

    提案できてよかった!

     

     

    <フィナーレ>

    終始アットホームな空気が流れるパーティ。全員で記念撮影をして幕を閉じました。

     

     

    さてさて、最初のウォールアートはどうなったかというと…

     

     

     

    こんなにたくさん、愛おしい写真たちが増えました!

    会場を彩ってくれたご友人さまたちのチェキは、思い出の品に加わります。

     

     

    最後にプランナーとELLAREスタッフと一緒に写真を撮ってくださいました。うれしい瞬間の一つです。

     

    息ぴったりでかわいらしく、周りの人たちを癒してくださるゆうきさん&ゆかさん夫妻、末長くお幸せに!

     

    お客様の声

    hacocoroをご利用いただいてのご感想

     

    ELLAREを初めて内見したときから、スタッフの方がとても丁寧で笑顔だったので、ELLAREを選びました。
    その後、和田さんに担当していただき、和田さんもとてもフレンドリーで優しくて素敵なスタッフさんでした。
    会場は黒色やコンクリートの内装だったので、最初はハワイっぽい装飾なんて出来るのかなぁ?大丈夫かなぁ?と考えていましたが、
    当日は本当に可愛い装飾をしていただいて大満足です。
    和田さんがハワイ料理やドリンクを提案してくださり、友人達も料理が美味しかったと言ってくれました。
    ビュッフェスタイルでも満足して頂けました。


    お打ち合わせから当日までのプランナーとの印象に残ったエピソード

     

    知り合いがあまり居ない友人が居たので、すこし心配している旨を和田さんに伝えたところ、あえてチーム戦のゲームしてみる、ウォールアートなど、様々な提案をしてくださって、一緒に悩みを共有してくれる姿勢が素晴らしかったです。
    また、装飾はハワイっぽくてティファニーブルーカラーが良い!とざっくりした要望にも的確に応えて頂きました。
    当日会場に入った瞬間、想像を超える可愛い装飾でとても嬉しかったです。
    和田さんは当日もとても動いてくださり、受付デスクに置いておいた私達のビデオカメラで友人達の笑顔を良い角度から代わりに撮ってくださったり、進行のお手伝いをしてくださいました。
    今回のパーティーの盛り上がりようは和田さん無しでは考えられません!
    本当にありがとうございました

    今回ご利用いただいた会場
    名古屋エリア
    着席最大70名/立食最大100名
    白と黒が織りなすパーティスペース
    「ELLARE(エルアール)」